異変を感じたら気軽にカウンセリングに行くことが大切

明るい一日をスタート

睡眠

生活習慣と行動から気分を改善

朝起きて憂鬱な気分になってしまうのは無理のないことです。人には、誰だってつらいことがあります。調子のいい時ばかりではありません。朝起きたときの憂鬱さを防ぐために、いかなる対策をすればいいのでしょうか。日常のちょっとしたコツで、憂うつを晴らすことができますよ。朝の憂うつさを解決するには、自然の力を利用することが必要不可欠です。人間は日の光を浴びることにより、しっかりと目覚めます。メラトニンという眠りやすくするホルモンの分泌が少なくなり、精神を安定させるセロトニンなどのホルモンが分泌されます。お金をかけないで、これらのホルモンが正常化するのだから、日光は甘く見ることはできません。朝の憂鬱さを引き起こす原因の一つに、血行の悪さが挙げられます。動かないでいれば血行が悪くなり、脳の血流が悪くなり、気分が落ち込みます。軽く運動で体中の血液の流れが良くなり、憂うつな気分がおさまります。軽いウォーキングは負担が小なく、精神面にも良い効果がありダイエット効果もあります。天気の悪い時にはラジオ体操や太極拳のように、ゆっくりめの運動がおすすめです。朝食を食べる前に軽く運動すると、適度におなかが減って食欲も高まり、気分が晴れます。

会社や学校に行く際に、いつもと同じコースばかりを通っているのではワクワク感に欠けます。いつも通らなかった道を通ってみましょう。普段通らない道や通ったことのない道を通るだけで、期待感やワクワク感は増幅し、憂鬱さは減少するため普段と異なる感覚を味わえます。小さなことでも毎日に変化をつけることで朝から続く憂鬱な気分を断ち切れます。人間は違うことをすればするほど成長し、通り道が違うくらいでも、新鮮な気分になれます。人の体を構成している食べ物は、精神的な面でも影響を与えます。憂うつな気分を朝から味わいたくないのなら食べ物を変えましょう。納豆や豆腐など昔からあるものを食べてみましょう。インスタント食品やファーストフードに入っていない栄養分を豊富にとれます。普段の食生活で野菜が足りなくなりがちですので、野菜を積極的に食べましょう。自動販売機やコンビニで販売されているペットボトル入りでない、茶葉で煮出してお茶を飲むのもおすすめです。食べ物が変わると精神状態も変わります。

Copyright© 2019 異変を感じたら気軽にカウンセリングに行くことが大切 All Rights Reserved.